埼玉県所沢市で中学2年の男子生徒が刃物で複数回刺されて死亡しました。
犯人は同級生の男子生徒ということですが、一体相手を殺してしまう理由はなんだったのでしょうか。

通常友達と喧嘩しても、相手を殺めてしまうほどむかつくってなかなかないですよね。

スポンサーリンク

殺人事件の犯人は誰?

犯人は同級生の男の子との情報がニュースでも報じられています。
亡くなったのは本郷功太郎さん。

7月5日の夕方に上半身を刃物で複数回刺されたそうで、意識不明の重体で病院へ運ばれましたが、残念ながら亡くなってしまいました。
報道によると犯人は同級生の少年が逮捕されています。

少年法に守られているので、ニュースで犯人の氏名が公開されることはありませんが、人を殺しておいて今後ぬくぬくと生活してほしくはありません。
どういう事情があったのにしろ、人を殺してしまうのは正直、社会復帰した後もちょっと警戒してしまいます。

動機は?

一緒に勉強する仲だった2人ですが、いったいなにがあったのでしょうか。
命を奪ってしまうほどの動機はなんだったのでしょうか。

犯人の供述では「教科書のことでけんかになった」とのことで、それが動機だと考えられます。

続報で、「教科書を隠されたと思い、聞いたら知らないと言われたので、殺してやろうと思った」と話しているそうです。

期末テストに向けて勉強していた2人でしたが、教科書という些細なことで殺してしまうなんて……。

通報はさらに別の友人が少年宅を訪れ、近隣住民を通じて行っています。

中学校は南陵か?

事件が起きたのは所沢市久米だったので、この地域から中学校が推測できます。
そうなるとこの地域は所沢市立南陵中学校のエリアになるので、ほぼその中学校の生徒による事件と言えるでしょう。

実はこの中学校は所ジョージや現役大相撲力士の北勝富士大輝の出身中学校でもあります。

スポンサーリンク

過去には自殺も

所沢市立南陵中学校は一昨年、去年に自殺が起きているようです。
そんな事件があったからなのか、学校自体はかなり厳しいようで、定期アンケートも入念に行っていました。

いじめ自体は起きていなかったという口コミがあり、行事にも熱心に取り組んでいて、悪くない校風だったと言えます。

いじめを抑制した結果、別のところで爆発した末の事件なのでしょうか。
非常に残念でありません。

中学校時代は誰であれ喧嘩をしたことがあると思いますが、よもやひと時のいざこざで命まで奪ってしまうのなんて……。
亡くなった中学生男子はおとなしいながらも、きちんと挨拶のできる礼儀正しい子供だったと近所の方が語っています。

若者の理不尽で凶悪な事件が報道されるたびに、少年法は不要だなと感じてしまいます。