23日午後11時半頃に栃木県鹿沼市の県道で乗用車が道路脇の街路樹に事故があり、事故車両はそのまま炎上してしまいました。
運転席と助手席から2人の焼死体が見つかっていますが、現在身元の特定はできていません。

単独の事故ではなく、原因となったのは事故直前に反対車線からUターンしてきた灰色の車を避けようとしたためであるとみられ、警察は当該車両の行方を追っています。

遺体の死亡原因が焼死体とみられることから、炎上しなければ死ななかったかもしれませんが、残念な事故ですね。
炎上したのはフェアレディZとの報道がありました。
ところでこの場合はUターンした灰色の車の罪や特定は可能なのでしょうか。

追記)続報で別の車と接触したはずみで木に衝突したとなっているので、接触していたみたいですね。

スポンサーリンク

Uターンした灰色の車の罪や特定は可能か?

「車が立木にぶつかって燃えている」との通報があり、消防車によって約30分後に消火されました。
Uターンした灰色の車という情報は周囲の目撃情報からなのか、近くの防犯カメラからなのかは不明ですが、走行した方向から割り出せば特定はそこまで難しくないように思います。
追記)後方を走行していた車両のドライブレコーダーからわかったみたいです。

街路樹にぶつかって炎上する事故が起きればそれなりの音もするでしょうし、Uターンした車は気付いていたと思われます。

この場合の罪はどうなるのでしょうか。

接触していなくても事故を誘発させれば罪

基本的に事故は接触しておきますが、ぶつかっていなくても危険な運転であれば責任は問われます。
例えばあなたが逆走車両を避けようと歩道に避けて人と接触してしまった場合、あなたではなく、逆走車両が罪に問われます。
ただ事故状況により完全に無罪かどうかは分かれます。

今年の5月に大津市の県道交差点に衝突事故で、歩道の保育園児と保育士15人が死傷しました。
一般的に見れば、直進車両が優先で右折車両が罪に問われるかと思います。


(画像出典元:京都新聞*

しかしこの事故ではどちらも自動車運転死傷処罰法違反の疑いで逮捕されています。
理由は対向車線の右折車への注意義務を怠り、減速しないまま漫然と直進したという過失だそうです。

交差点での減速も確かに一理あるのかもしれませんが、ちょっとひどい気もしますね。
直進していた運転手は逮捕後釈放されていますが、書類送検されてその後の判決などはまだ出ていません。

今回は接触していないので、そのあたりがどうなるのかはわかりませんが、Uターンした灰色の車は救護をしなかったので「ひき逃げ」の容疑がかかっています。

ひき逃げは結構厳しい罰則で10年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金となります。
違反点数は35点です。

今年7月に起きた誘発事故(非接触)で、保冷車をゼブラゾーンに停車させていた運転主は、自動車運転処罰法違反の過失運転致死傷罪と道交法違反のひき逃げの容疑で逮捕されましたね。
(ゼブラゾーンに停車したため、バイクが転倒。バイク運転手は転倒後に路上に投げ出され隣を走っていたトレーラーにひかれ死亡した事故)

となれば、今回の灰色の車も「ひき逃げ」と「過失運転致死傷罪」の罪になる可能性が濃厚です。

余談ですが、どうして事故が起きた際に炎上したりしなかったりするか知っていますか?

事故で車が炎上する原因は?

以前ナショナルジオグラフィックがガソリンの量が違う車で、爆発の仕方が違うという動画を行っていました。

いわゆる理論空燃費で、常温で気化するガソリンは燃料1に対して空気が15(厳密には14.7)の比率になったとき、もっともよく燃焼する。

 つまり、爆発するためには適切な酸素量が必要で、満タンだとガソリン濃度が高すぎ空気も足りないため爆発しなかったのだ。そこで、動画では「走るときは満タンで!」という結論で終わっている。
(引用元:ベストカ*

ただし事故の状況次第では、燃料タンクや燃料ラインが破損してガソリンが漏れる場合がありますよね。
そうなった場合も同様に爆発あるいは炎上する可能性は十分にあります。

衝突事故で火災する事例の多くは、衝突の衝撃による火花や車両の配線から起きた火花がガソリンに引火するためです。

事故時の炎上を防ぐ方法

完全に防げるというわけではありませんが、衝突事故を起こした際はすぐにイグニッションキーをオフにすると良いと言われています。
イグニッションキーをオフにすれば配線の電気を遮断できますからね。

あとはすぐに車から脱出して、なるべく離れましょう。

事故直後すぐに炎上する可能性もあるので、素早い行動が明暗を分けます。
ただ怪我したり、体の一部が挟まったりして抜け出せないパターンもあるので、なかなか難しいところですね。

スポンサーリンク

まとめ

報道ではUターンした灰色の車を捜査中なので、一刻も早く事故の原因となった人物が特定されて逮捕されるといいですね。
最近問題のあおり運転だけでなく、自己中心的な運転や無謀な運転をする人は一定数います。

そういった運転手に巻き込まれないようにしたいですね。