岐阜市で中学3年生の男子生徒がマンションから飛び降り自殺をしたニュース。
まだ若い中学生の男の子が自殺を選んでしまうのは本当に悲しい事件ですよね。

マンションの駐車場に飛び降り自殺をした男子生徒ですが、自殺理由はいじめでした。
日本ではいじめにより自殺まで追い込む事件は少なくありません。

これは学校内の大人にも問題があると言えます。
(もっと言えば生徒の親にもある程度の問題がありますが)

スポンサーリンク

男子生徒へのいじめ

然る中学校では6月に実施した定期アンケートで死亡した男子生徒がいじめられている内容の回答があったようです。
また男子生徒の自宅からいじめをほのめかす内容のメモが見つかっていて、自殺理由はいじめであるとみて間違いないでしょう。

最近では学校内でのいじめが問題化しているので、こういった定期アンケートは非常に大事ですが、予防する仕組みや悪化しないための構造を作ったところで、結局は対応する教員が改善・解決まで導かなければいけません。

事件後の保護者会でも「(説明に)納得はできんよね。アンケートとか取っとっても結局一緒やでっていうことやね。同じことが起きる。それじゃダメだってことやわ」 と呆れられています。

教師はアンケート取るのが仕事じゃなくて、アンケートからくみ取るまでが仕事でしょう。

中学校の担任の対応

いじめというのは通常クラスを見ていればなんとなくわかるかと思います
中学生のクラス全員が平然と嘘をつける、ポーカーフェイスを演じれるなんてありえません。

では中学校の担任教師はきちんと把握していたのでしょうか。

実はいじめの密告者がいたのです。
自殺した男子生徒の同級生で、いじめ内容を時系列にまとめたメモをノートに挟んで学級担任に5月末ごろ提出していました。

この行動は本当に勇気があるし、感服します。

ただ担任教師はこのメモを紛失しています。
一応受け取ったメモをもとに加害者生徒を指導したそうですが、この一連の流れだと事務的に対応しただけで、実に不誠実だったと思われても仕方ありません。

この内容は教育委員会には伝わっていなかったようです。

閉鎖空間の人間関係で、ちょっと指導しただけで改善するっていう甘い考えを、教師が未だに持っていることに驚きを隠せません。

子供が頑張っているのに大人のこの対応は良くないですね。
問題を軽く考えすぎで、結局子供をなめているんですよ。

密告した生徒はどんな気持ちだったのか、結局どうにもならずいじめられていた男性生徒は自殺してしまったという責任を感じていなければいいのですが……。
担任教師は罪深いと思います。

スポンサーリンク

加害者は特定されるのか?

有名な滋賀県大津市のいじめによる自殺などでは、加害者側の3人は特定されており、その後の人生に少しばかりですが影響が出ていると思います。
(そもそも反省していないようですが……)

そりゃそうですよね。
転向しただけで罰も受けていないんですから、反省するはずがありません
3人のうち2人が保護観察処分だけでした。(1人は不処分)

あの件ではいじめどころか、自殺の強要を示唆するメールなどが残っていたにも拘らず、犯人は少年院送致すらされていません。

警察や中学校側の対応も本当によくありませんでした。

今回の加害者は特定されるのでしょうか。
個人的には特定して晒したり、私刑というのはよくないでしょうが、現在で犯人を特定して晒す行為は一定の支持を得ています。

少年法に守られている未成年だからといって、なにをしてもいいわけではありません。
というかこの法律にしたって改正が必要じゃないでしょうか。

ぼくは加害者を積極的に特定するわけではありませんが、特定されて晒されても自業自得だと思います。
ネット上の噂によると加害者のイニシャルはSとされていますが……。

中学校はすでに特定されている?

自殺の場所が岐阜市長良西野前のマンション駐車場で、そのエリアの中学校は東長良中学校に限られます。
(まぁ、マンション程度ならだれでも入ろうと思えば入れます)
それに加えてすでに削除されていますが、東長良中学校を示唆するツイートがありました。

場所から考えても東長良中学校と考えてもそこまで不自然ではありませんね。

東長良中学校生徒と名乗るTwitterアカウントもすでに存在します。

スマホネイティブ世代を考えれば、こういったことになるのも自然です。