(画像出典元:東海テレビ*

この間から炎上騒ぎになっていた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」の展示に対して、FAXで脅迫文が届いていた件で犯人が逮捕されました。

当初はFAXがネット経由で送られていたため、特定ができないと言われていましたが特定できたようですね。

愛知県一宮市内のコンビニエンスストアから送られたらしく、そこから犯人が判明したようです。
脅迫文は「大至急撤去しろや、さもなくばガソリン携行缶持って館にお邪魔するので」という内容でした。

今回逮捕された犯人の堀田修司の顔画像や勤務先、SNSアカウントなどの特定や犯行の動機なども見てみたいと思います。

大村知事は反日なのか?あいちトリエンナーレの表現の不自由展はなにがダメだった?

スポンサーリンク

堀田修司の顔画像や勤務先、SNSアカウントの特定

堀田修司(ほったしゅうじ)

  • 年齢:59歳
  • 住所:愛知県稲沢市稲沢町
  • 職業:会社員(トラック運転手)
  • 逮捕容疑:威力業務妨害

顔画像は今のところ報道されておらず、堀田修司に関連したSNSアカウントも特定されていません。
Twitterは実名でやっている可能性は低く、Facebookアカウントも同名のものはいくつかありますが、本人らしいものはありませんでした。

堀田修司の顔画像はそのうち報道で明らかになると思うので、わかり次第掲載しようと思います。


(画像出典元:東海テレビ*
以前にも別の事件で書きましたが、こんなの載せると簡単に住所特定されちゃうんですが……(笑)
勤務先の運送会社は今のところ特定されておらず、今後報道でもあきらかにはならないでしょう。

「表現の不自由展・その後」への脅迫では、京都アニメーションの放火事件を連想させる「ガソリン携行缶」を用いる内容で非常に悪質です。
堀田修司はどうしてこんな事件を起こしたのでしょうか。

犯行の動機は?ネトウヨ?

犯行動機は現在捜査中とのことですが、だいたい予想はつくと思います。
インターネット上で慰安婦などに強い拒否反応を起こしているのはネトウヨが多いですよね。
小林よしのり曰く「国家というものを持ち出しさえすれば自分自身の自意識を底上げできる、という人間」とされています。

これはおおむね当たっていると思いますね。

ネット上で「安倍ちゃん安倍ちゃん」と盲目な国家主義のような人たちです。
また過激な発言も目立ちます(とくに韓国に関連したもので)。

安倍首相をちゃん呼ばわりする当たりに高齢者特有の距離感やプライドを感じます。

堀田修司の近隣住民からのコメントからも過激なネトウヨだったことがなんとなく臭ってきます。

「10年以上前にご両親が亡くなられて、そこからちょっと生活が変わってしまったみたいで。何かに対して社会に対して、不平不満を叫んでいることがあった」

もし仮に「表現の不自由展・その後」の展示が中止されなければ、犯人が実際に放火までしたのかというとそこまではわかりません。
脅迫と実行はまた別ですからね。

そう考えるとネット上での書き込みの延長に、FAXでの脅迫があったのかなと思います。
FAXではなくメールで送っていたとしても同様に脅迫にはなるので、媒体の違いと言ってしまえばそれまでです。

ネトウヨに限らず、ネット上で過激な書き込みを何の抵抗もなく行っているような人は、ぼくは犯罪者予備軍だと思っています。
法律などで言うと、実社会とインターネットの境界はあまりなくなってきています。

またネット上のコンテンツは非常に閉じているので、「あいちトリエンナーレ2019」の炎上および平和の少女像などへのバッシングが日本国民の総意だと感じてしまったのかもしれませんね。
堀田修司は現時点でネトウヨだと考えられますが、それ以上にあまりにも影響を受けすぎてしまったのかなと思います。

それが今回の犯行に繋がった理由ではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回の事件は脅迫内容が非常に悪質だと思いますが、内容がどうであれ脅迫は良くありません。
ネトウヨは、「なにものでもない自分を何者かにしたい」という考え、「特定のコミュニティに属している」という安心感が欲しいんだと思います。

無趣味で孤独なんて社会との接点がないですからね。
大きく社会に関わっているんだぞみたいな気持ちがほしくて、政治的なことに口を出しているような気がします。

こうはなりたくないですね。