(画像出典元:Bloomberg*

最近の話題で日本が韓国をホワイト国から除外するための手続きを進めていますよね。
(施行は8月28日です。)
一方で日本側が韓国のホワイト国除外の政令改正を閣議決定したことにより、韓国側も日本をホワイト国の除外を行い、輸出管理を強化する手続きを踏むそうです。

子供のようにやり返したり、ただ撤回を要求し、圧力をかけてくる韓国という国には本当に呆れてしまいます。

ところでこのホワイト国というのは聞き慣れないかもしれませんので、簡単にわかりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

ホワイト国とは?簡単にわかりやすく解説します!

ホワイト国を簡単に一言で説明してしまうと、日本からの輸出管理優遇措置対象国になります。
もう少し詳しく言うと、兵器開発に使用可能あるいはその可能性のある貨物や技術を輸出する際に、経済産業大臣への届け出と許可が義務付けられている(キャッチオール規制)のですが、このキャッチオール規制の対象ではない優遇されている国をホワイト国と定義しています。

ホワイト国であればある程度信用ができるという扱いで、ホワイト国を経由して非ホワイト国が輸入するなどもできません。
これらはワッセナー・アレンジメント協定に基づいた輸出管理ですが、あくまで加盟国は相手が約束を守ると信用した紳士協定にすぎません。

またホワイト国でない場合は契約ごとの個別許可を経済産業大臣から受ける必要があります。
これはわかりやすく言うと、使用用途などの厳しい審査を通らないと輸出できないというわけです。

8月2日に名称変更が行われました。
非ホワイト国をさらに3つの分類に分けました。

  • 「ホワイト国」→「グループA」
  • 「非ホワイト国」→「グループB~D」
    グループB「輸出管理レジームに参加し、一定要件を満たす国・地域」
    グループC「グループABDに該当しない国・地域」
    グループD「懸念国」

ホワイト国の海外の一覧リスト

韓国が除外されて、以下の26ヶ国がホワイト国もといグループAということになります。

  • アイルランド
  • スイス
  • ノルウェー
  • ポーランド
  • イギリス
  • スウェーデン
  • ハンガリー
  • ポルトガル
  • イタリア
  • スペイン
  • フィンランド
  • ルクセンブルク
  • オーストリア
  • チェコ
  • フランス
  • オランダ
  • デンマーク
  • ブルガリア
  • ギリシャ
  • ドイツ
  • ベルギー
  • アメリカ合衆国
  • アルゼンチン
  • カナダ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド

なぜ?韓国が除外になった理由

韓国は今回のホワイト国除外に対してめちゃくちゃ怒っていて、韓国の国民も日本製品の不買運動を頑張っています。
日韓の徴用工訴訟問題での判決に対する経済報復だなんて韓国は言っていますが、全然そんなことはありません。
(そもそも徴用工の補償は、1965年の日韓請求権協定で解決しているので、この判決も頭おかしいんですけど)

先ほども書きましたが、通常兵器及び関連汎用品をホワイト国経由で非ホワイト国が輸入するというのは禁止されていますね。

ところがある時期において韓国からフッ素関連物品(高純度フッ化水素・エッチングガス)の大量の発注があり、輸出先の韓国企業からの行方がわからなくなっていました。
これはどういうことでしょうか。

これらの輸出品は毒ガスや化学兵器の生産に使用できます。

韓国タンカーの瀬取り行為からも、韓国が北朝鮮に横流ししているのではと推測するのは不自然ではありません。
ではこれがホワイト国除外の対象になったのか?というとそうでもありません。

行先不明となっているフッ素関連物品の説明を日本側が求めたのに対して、韓国側は無視。
結局一切説明がなかったために日本が「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「レジスト」の3品目の輸出規制の強化を行うと「輸出規制は不当だ!経済報復だ!あり得ない」と騒ぎ出したため、ホワイト国継続の要件が満たされず、除外されたというわけです。
説明を求めただけなのに、「優遇しろ優遇しろ」って頭おかしいでしょう。

日韓貿易と関連した不適切な事案であり、両国の信頼関係が損なわれたわけです。
徴用工訴訟問題や慰安婦問題、自衛隊機への火器管制レーダー照射問題が全くの無関係だとは言いませんけどね。
(まともな国ではないという意味で)

といっても優遇措置対象でなくなっただけで、日本からの輸出自体は行われます。
ただ当たり前ですが、韓国が輸入する貨物を最終的にどこに輸出するのかもチェック(需要者確認)されます。

また契約ごとの個別許可というのは大変めんどくさく、許可を出すまでの期間も日本の裁量によります。

韓国経済は大丈夫でしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

ホワイト国は相互に連絡や会合を行い、管理報告をする必要があります。
信頼の上に成り立っているので当然ですよね。

韓国って今までもかなりおかしかったですが、文在寅大統領になってから一気に加速しましたね。

本当に世界が韓国から独立した状態です。
彼にはこのまま頑張ってもらいたいですね。