9月25日、京都大医学部付属病院が44歳の男性看護師が勤務中に女性患者へのわいせつ行為などで懲戒解雇処分にしたと発表しました。
入院患者らに対して盗撮やわいせつ行為を行ったのは許せません。


(画像出典元:京都新聞)

かなり以前から女性患者らから被害の訴えがあったそうですが、男性看護師が否定していたため事実ではないと判断したそうです。
担当を女性看護師に変更する程度の措置は行ったみたいです。

医療従事者が患者に対して犯罪を犯すとは悪質すぎますね。
こういったことをしても看護師免許は剥奪されないでしょうし、なんだか納得がいきません。

そもそも盗撮・わいせつ行為をした男性看護師はNHKが実名を公開していました。

スポンサーリンク

盗撮・わいせつ行為をした男性看護師の名前は岡本一志

さすがに顔画像などは公開されていませんが、氏名は公開されていました。
京都市左京区の京都大学医学部附属病院に勤務していた岡本一志。

今後彼のキャリアがどうなるのかわかりませんが、看護師としてどこかの病院で再就職するんでしょうね。

事件の経緯

京都大医学部付属病院によると2018年12月~2019年2月の間に、入院中の女性患者などの体を触るなどしたようです。
被害に遭ったと思われるのは入院患者や来院者あわせて5人で、スマートフォンでの盗撮もしていたとのこと。

さらに京都新聞によると岡本一志は2019年6月に病院外での盗撮行為により書類送検されています。
ただNHKによると2019年4月に京都市内のコンビニで盗撮行為をした疑いで書類送検されていると報じられています。

これは別々の事件なのかわかりませんが、恐らく同じ事件でどちらかの情報が誤っている可能性が高いですね。

この盗撮行為の調べで、スマートフォン内のデータに病院で撮影したとみられる写真や動画が見つかったとのこと。
その後、警察がどう指示したのかはわかりませんが、岡本一志本人が大学側に盗撮行為の申告をしたようです。
さらに聞き取りを進めるとわいせつ行為も認めたという流れですね。

また岡本一志は書類送検されてはいますが、起訴猶予になっている可能性が高いですね。

被害者は特定されていない

被害を受けた女性患者は5人いるようですが、そのうち4人は特定できていません。
理由としては病院側が盗撮した写真や動画を直接確認していないため、誰が盗撮されたかというのがわからないみたいです。

もし事件があった期間に来院していた方がこのニュースを知ってしまうと、考えただけで気持ち悪いですね。
被害者の特定まではされないみたいですが、岡本一志を懲戒解雇処分にしているとはいえ、今後病院に対する不信感は仕方ないかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

会見で京都大医学部付属病院の院長はお詫びの言葉と共に、今後の調査体制強化や再発防止に努めると話していました。
病院の評判を下げる行為を行っているので、やるやらないは別として岡本一志に対して損害賠償請求も行えそうですね。

しかし医療従事者によるわいせつ行為や盗撮行為は本当に怖いです。
麻酔などでも無防備になるし、ある程度身体を預けるわけですからきちんとした人間でないと不安です。