日本にはアイドルやアイドルファンの人は多いと思いますが、そんな方たちに衝撃的なニュースが起きました。
アイドルへの強制わいせつ行為事件で、逮捕されたのはそのアイドルグループのファンでもある佐藤響容疑者です。

9月1日、佐藤響容疑者は地下アイドルの20代女性の自宅マンション敷地内で待ち伏せし、玄関前で押し倒してわいせつな行為を行います。
しかし女性が悲鳴を上げたので、佐藤響容疑者は逃走しました。

その後防犯カメラの画像などから佐藤響容疑者が特定され、逮捕されたようです。
容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。


(画像出典元:https://mainichi.jp/articles/20190917/k00/00m/040/165000c)

スポンサーリンク

【顔画像あり】佐藤響容疑者について

佐藤響容疑者は被害者女性の熱狂的なファンで、コンサートにも頻繁に訪れていたようです。

顔画像も公開されていました。

  • 名前:佐藤響
  • 年齢:26歳
  • 住所:さいたま市北区
  • 職業:無職

事件当日は、被害者女性が所属するグループのライブ公演があったようです。
そのライブ公演に参加した後、彼女の自宅に向かい待ち伏せしたんでしょうね。

犯行現場は東京都江戸川区のマンション玄関前で、帰宅した被害者女性の背後から顔にタオルを押し当てて引き倒したようです。
顔はバレているとわかった上で、バレないように犯行を行っていますね。

「女性のイベントは必ず1番で予約し、参加していた」と供述している模様。
犯行の後に聞くと尚更こわっ……。

地下アイドルは誰?グループは?

被害者女性は地下アイドルとのことですが、どこの誰なのでしょうか。
一般的に被害者の氏名が公開されるのは亡くなった場合がほとんどです。

この理由は個人情報保護法が「生存する個人情報」の保護が対象であり、「死者の個人情報」は保護の対象外だからですね。

ですので、この事件では地下アイドルの被害女性の実名が公開されることはないでしょう(たぶん)。

グループはどうでしょうか。

9月1日東京都内でライブ公演を行っていた地下アイドルから、少しくらいは絞れるかもしれませんが現実的ではないですね(笑)

今回の事件で女性は顔などに1週間の軽いけがを負っています。
けがの程度は軽く、アイドルグループが活動できないということはありません。

しかし今回のような恐怖体験があると、精神的なダメージは大きく、地下アイドルとして活動できなくなるかもしれません。
それに身の危険と地下アイドル活動を天秤にかけた際、どちらを優先するかの話なんですね。

もし突然グループ脱退や休養となると、わかる人にはわかるといった感じでしょうか。

アイドル好きならいちいち詮索しないなどファンの間ではあるのかもしれません。

この事件では佐藤響容疑者が行った悪質な犯罪で、1人の女性が「ただアイドル活動をしたい」という気持ちを踏みにじったことになります。
「自己顕示欲の塊」や「自業自得」などの批判の声もあるかもしれませんが、1人の人間が自由にやりたいことをできない環境というのは良くありません。

どういう売り方をしていたとしてもです。

こんな形でアイドル活動が出来なくなってしまったら、ファンも悲しいでしょうね。

あ、犯人のTwitterアカウントが特定されたみたいです。

Twitterアカウント→n5Q8YjihvoWfNAS

「君じゃなきゃダメだから……ずっとずっと待ってる。」
彼女の家で待っていたんですか。相当気持ち悪いですね。

ここからわかるかもしれません。

なぜか松岡笑南(まつおかえな)をめちゃくちゃ推していますね。
「天使突抜ニ読ミ」がアイドルグループ名のようです。

ふむ。

動画貼りたいのにYoutube側で埋め込み禁止されてるっぽい……。

てか公式で発表されてたわ。

このグループはラディウスエンターテイメントっていう芸能プロダクションなんですけど、地下アイドルの定義がわからなくなりました。

12日「松岡笑南が休養する」との公式ツイートを佐藤響容疑者が引用リツイート。

犯人なのに反応が白々しすぎて草。

佐藤響容疑者への刑罰は重い?

彼が犯した犯罪は住居侵入罪と強制わいせつ致死傷罪ですね。
軽傷とはいえわいせつ行為に伴い怪我を負っているので、強制わいせつ致死傷罪になるわけですが、こっちが結構重いです。
法定刑は無期又は3年以上の懲役となっています。

ただ懲役3年の場合は執行猶予が付く可能性が非常に高いです。

過去の判例でも若いという理由で、強制わいせつ致傷罪でも執行猶予の判決が出た例もあります。

スポンサーリンク

まとめ

こういった事件は男性からも女性からも厳罰の声が多そうですね。
ファンの人が自宅で待ち伏せとか本当に気持ち悪い事件です。

これは女性に限らず男性でも被害を受ける場合があり、こういった活動されている方は家バレだけだけは気を付けてください。

過去にライブ公演終わりとかに後をつけて家を特定したとかありそうですよね。