インターネット上で漫画が読み放題な海賊版サイト「漫画村」の運営に関わっていたとして伊藤志穂容疑者が著作権法違反で逮捕されました。
星野路実容疑者に続き、次々と逮捕者が出ています。

彼女の今回の逮捕容疑は2017年5月、漫画村のサーバーにワンピースの866話の画像をアップロードして誰でも閲覧できるようにしたというもの。
派遣社員の24歳で、東京在住だと思われます。

そんな彼女はいったいどんな人物なのでしょうか。

スポンサーリンク

漫画村の伊藤志穂の顔画像は?

現在は顔画像などが全く公開されておらず、今後ニュースなどの報道で明らかになると思います。
星野路実容疑者の顔が公開されているだけに、関連している人物の顔画像も気になっている人は多いでしょう。

服装からするに、おしゃれとは言えず、一般的にアニメオタクなどが好んで着るネルシャツを着用しています。

FacebookやインスタなどのSNSアカウント

FacebookやインスタなどのSNSアカウントはあるのでしょうか。
実際に調べれば同一名のアカウントはヒットしますが同姓同名の別人だと思います。

漫画村の運営に関わっていた人物が自分の顔をネット上に公開しているとは思えません。

スポンサーリンク

被害額はかなりの額

2017年9月から2018年2月の間の被害額は約3200億円とされていますが、出版社側が賠償請求するかどうかでしょうね。
今回の事件で不正に得たお金は警察が没収するでしょうけど、詐欺などと違って直接の金銭被害ではありません。

アクセス数を集めたうえで広告費などで収入を得ていたわけです。

そうなると賠償請求された場合は、彼らが得た収入以外で支払う必要が出てくるわけですが……。
いや、そもそも著作権法の違反によって得た収益は警察に没収されませんよね?

そうなると得た収益から妥当な額を返金する形がとられるはずです。

著作権法の違反は親告罪なので、それ相応の金額を支払い和解して終了という流れになりそうです。

漫画村の運営に関わって逮捕された人物たちは、かなり高額な請求をされると思いますが、それ以前に莫大な利益を得ていたのであり得ない請求額だとも考えにくいです。

しっかり反省して欲しいですね。